ワイン科学特別コース

1.コースの概要


ワイン科学研究センターでは、これまで山梨大学工学部ワイン科学特別教育プログラムの学生に対し、学部1年生から修士課程終了までの6年間、ブドウやワインに関する高度な専門知識と技術力を持つスペシャリストの育成を目指した教育に努めてきました。ワイン科学特別教育プログラムは、平成24年度から生命環境学部地域食物科学科ワイン科学特別コースに移行しました。

ワイン科学特別コースでは、引き続き、ブドウやワインに関する高度な専門知識と実践的な技術力を備え、ワイン製造に熱意を持った技術者・研究者の育成を目指しています。ワイン科学特別コースの学生は、地域食物科学科の講義を受講することにより、果樹・野菜の栽培および食品製造に関する幅広い知識を習得します。さらに、学部1年生からブドウやワインに関する専門の講義を通して、ブドウやワインに関する最先端の知識と技術を学び、ブドウ栽培実習、ワイン製造科学実習、山梨県内のワイナリーでブドウ栽培やワイン醸造の現場を体験するインターンシップなどの実習を交えて、実践に即した応用力を養うことを目指しています。

 

 

 

 

2.ワイン科学特別コース(学部)の主な開講科目

ワイン科学特別コースでは、地域食物科学科の通常のカリキュラムのほかに、ワイン科学に関する以下の授業を受講します。4年生からは、ワイン科学研究センターでブドウ・ワインに関する研究を行います。

1年生 2年生 3年生 4年生
ワイン科学Ⅰ ワイン科学Ⅱ ワイン科学ゼミⅡ ワイン科学研究センターで卒業論文研究
  ワイン科学ゼミⅠ ブドウ栽培学実習  
  ワイン微生物学 ワイン品質評価学  
    ワイン製造科学実習  
  インターンシップⅠおよびⅡ  

3. 就職先

ワイン醸造業や食品系製造業などに就職しています。ワイン科学研究センターでワインを学んだ卒業生・修了生は、ワイン産業で広く活躍しています。

4. 入試情報

詳細情報は「山梨大学ホームページ 入試情報」をご覧ください。

5. 問い合わせ一覧

お問い合わせはこちらにご連絡ください。

ページの先頭に戻る