応用栄養学の講義・実習が附属農場で行われました。

2018年06月16日|お知らせ

 応用栄養学の講義・実習が附属農場で行われました。内容は野菜の栽培、加工、栄養について横断的な理解を目的に、葉菜類の栽培の講義、葉菜類の加工・栄養に関する講義、葉菜類(チンゲン菜、小松菜の収穫)、葉菜類の官能評価(ほうれん草産地間比較(山梨県芦川産、栃木県那須産)、チンゲン菜(圃場産、茨木産)、小松菜(圃場産、埼玉産)を比較したものになります。

            

  

  

  

  

  

 

 
 

 

 


カテゴリ別最新ニュース
ページの先頭に戻る