教員・研究部門

岸本 宗和

岸本 宗和(准教授)Munekazu Kishimoto

研究キーワード
【発酵微生物工学研究部門】【エクステンション部門】応用微生物学、醸造学
研究テーマ
ワイン酵母および乳酸菌の選抜と育種に関する研究、ワイン用ブドウの栽培に関する研究、ワインの香気成分に関する研究
研究詳細
地球温暖化による気温の上昇がブドウの成分やワインの香味をつくり出す微生物に及ぼす影響を様々な角度から研究し、効果的な適応技術の開発を目指しています。

【発酵微生物工学研究部門】

発酵を科学し、豊かな食生活に貢献する

 ワインをはじめとする発酵食品の製造において、酵母や乳酸菌は様々な成分の生成を通して発酵食品の品質に大きな影響を与えています。

 我々はワイン醸造環境(ブドウ園、ワイナリー)や自然界(湖、花)から酵母や乳酸菌などの有用微生物を探索し、香気成分や代謝産物などの微生物の持つ未知の能力を解明することで、ワインや発酵乳飲料などの個性豊かな食品の開発を目指し研究を行っています。

【エクステンション部門】

企業と大学を技術でつなぐ

 私たちは、主にワイナリー等の企業との密接な連携を行うことを目的として、技術者の教育や企業での課題解決のための技術的支援を行っています。
 さらに、ワイン産業の発展に寄与するため、全国のワイン産地および研究機関と連携しながら幅広い研究を行っています。

研究室HP・外部リンク